日本の航空会社の機体

2014.07.08

一度でも飛行機を見た事がある人は分かると思いますが、日本の飛行機の機体の色はほぼ白が貴重となっています。かつては大手航空会社が先頭となって多くの飛行機を所有していましたが、規制緩和が進んだ現在、少なかった航空会社は沢山の異業種が参入し、サービスから価格、フライトする国などいろいろと選べるようになりました。そして飛行機の機体の色も白だけではなく、さまざまなカラーリングやキャラクターなどが描かれるようになり、非常に大きく変わってきました。分かり易いのは時代を反映した機体も増えて来た事ではないでしょうか。航空会社も生き残りをかけてさまざまな分野の企業とタッグを組んで、サービスを増やしたりしているようです。そのサービスの一環として先程述べた飛行機の機体のカラーリングやキャラクターなどで利用者の興味を惹く努力をするようになりました。このように日本の航空会社の機体も時代とともに大きく変わって来ているのです。