Airplane Blog

日本のMRJ

2014.07.08

日本のMRJ(Mitsubishi Regional Jet=三菱リージョナルジェット)と呼ばれる小型旅客機は日本国内に本社を持つ航空機製造メーカーを筆頭にして開発・製造が進められています。この飛行機の開発が具体化されたのは2002年であり、数十人~百人以下が搭乗できる旅客機の需要が日本国内で見込める事から官民共同の施策として始まりました。2014年夏時点では初号機の完成はまだではありますが、2014年秋に完成が見込まれており2017年の4月以降に納入が開始されると予定しています。 競合となる飛行機が存在していて、日本国内にはブラジルとカナダの航空機メーカーの飛行機が短・中距離の路線で活躍しており、今後この2社が乗り入れている路線にどのようにすれば入り込めるかが鍵になります。この飛行機は評判が良くなれば海外への販路が拡大できるので、国内での実績が積めれば海外でのシェアの獲得も全く夢ではありません。

飛行機の部品は日本で作られている

2014.07.08

日本人の多くの人が日本が製造業で成り立っていると分かっていますが、特に有名なのが自動車産業ではないでしょうか。自動車産業は世界からも日本車の評価が高い事からもわかるように自動車関連の産業はとても盛んです。では他にはないのでしょうか?そうではありません。日本で作られる飛行機及び飛行機の部品の多くは国内で作られています。 それを知ったのは高校生の頃でしょうか。私は愛知に住んでいるのですが愛知には飛行機の組み立てや部品の製造など非常に多く作られている事を知りました。飛行場に近い場所で部品を製造している工場も多く、飛行機に関する部品はコストも考えて国内で製造されている事が伺えます。今世界中でフライトしている飛行機ですがやはり精密機器及び飛行機のパーツは絶対的な安全性が求められる事から、こういうモノはメイド・イン・ジャパンが世界での安心の基準になっていると言っても過言ではありません。皆さんも機会があれば近所に飛行機関連の工場がないか調べてみると良いでしょう。

日本の航空会社の機体

2014.07.08

一度でも飛行機を見た事がある人は分かると思いますが、日本の飛行機の機体の色はほぼ白が貴重となっています。かつては大手航空会社が先頭となって多くの飛行機を所有していましたが、規制緩和が進んだ現在、少なかった航空会社は沢山の異業種が参入し、サービスから価格、フライトする国などいろいろと選べるようになりました。そして飛行機の機体の色も白だけではなく、さまざまなカラーリングやキャラクターなどが描かれるようになり、非常に大きく変わってきました。分かり易いのは時代を反映した機体も増えて来た事ではないでしょうか。航空会社も生き残りをかけてさまざまな分野の企業とタッグを組んで、サービスを増やしたりしているようです。そのサービスの一環として先程述べた飛行機の機体のカラーリングやキャラクターなどで利用者の興味を惹く努力をするようになりました。このように日本の航空会社の機体も時代とともに大きく変わって来ているのです。