エンブラエルの飛行機

飛行機とはどういったものでしょうか。 飛行機とは、空を飛んで移動するための乗り物で、1903年にアメリカのライト兄弟が世界初の有人飛行をして以来、今日に至るまで発展し続けている物です。現在は、さまざまな飛行機が毎日空を飛び交っています。 飛行機といってもさまざまな種類の物があります。日本の飛行機として有名な物に、零式艦上戦闘機「ゼロ戦」があります。これは、戦闘機と呼ばれる軍用の飛行機で、乗員は1名か2名程の小型の飛行機です。このゼロ戦は古いタイプの戦闘機ですが、現在の戦闘機と呼ばれる物も同様に小型です。 また、一般の人々にもっとも馴染み深い物に、旅客機があります。これは、航空会社によって運用される、多くの乗客を輸送する飛行機です。旅客機を製造するメーカーで世界的に有名な会社には、アメリカのボーイング社やフランスのエアバス社などといった会社があります。これらの航空会社は、おもに大型の旅客機を製造するメーカーです。 これらの大型旅客機メーカーの他に注目が集まっているメーカーもあります。それは、ブラジルのエンブラエル社です。このエンブラエル社は、大型の旅客機ではなく、小型の旅客機の製造で有名な会社です。最近は乗客数が50名から100名程度の小型の旅客機が人気です。なぜならば、従来の大型の旅客機と比較して、さまざまな面でメリットがあるからです。まずは、購入費用が安いということです。これは、機体の大きさが小さいので当然といえば当然です。また、短い滑走路で離着陸が可能であるということです。世界中にある空港は、長い滑走路が整備されてあるような大きな空港ばかりではありません。地方にある空港などは短い滑走路の空港も多いことから、エンブラエル社で製造するような小型旅客機が必要になってきます。それから、燃費の面でも大型旅客機に比べると有利です。気体が小さく軽い上にエンジンも小型であることから、低コストで運用することが可能のようです。こういったさまざまメリットで注目が集まるのが、ブラジルのエンブラエル社の小型旅客機です。