ボンバルディア社の飛行機

今や移動手段として必要不可欠な物に飛行機という物があります。 飛行機という物は、空を飛ぶことによって地上の乗り物よりも速い速度で移動することが出来るので、目的地が遠い距離にあっても、短時間で移動することが出来ます。航空会社が運用している飛行機を旅客機といいますが、この旅客機にもさまざまな種類があります。非常に大きな飛行機もあり、その中でも有名なのがボーイング社の「B747」という飛行機です。これは、一度に500人以上もの人を運ぶことが出来る旅客機で、日本においては「ジャンボジェット」と呼ばれ親しまれてきました。また、エアバス社の「A380」という旅客機も非常に大きく、内部が総2階建てになっており、タイプによっては800人以上もの人を乗せることも出来るようです。 これらのような大型の旅客機は、長距離の飛行や一度に運べる人員については優れているのですが、最近は世界的にもエコという観点が強まってきており、燃費や稼働率を考えた旅客機も人気が出てきています。そんな中で有効なのが小型の旅客機です。こういった旅客機は、「リージョナルジェット」ともいわれ、乗客数が50人から100人程度で、大きな航空会社はもちろん、特に中小の航空会社に人気があります。また、大型の旅客機は、離着陸には2500メートル以上もの滑走路が必要になってきますが、この小型の旅客機ならば、比較的短い滑走路でも運用できます。したがって、地方にあるような小さな空港などへの運用に適しています。 この小型旅客機のメーカーとして世界的に有名なのが、カナダのボンバルディアという会社です。このボンバルディア社は、1990年代に小型旅客機における革命的な変化をもたらした会社の一つで、小型旅客機における世界的な地位を確立しています。 小型の旅客機は、基幹の路線にはなり得ないものの、低コストでローカル路線に活躍が期待できる、非常に有効なタイプの旅客機です。ボンバルディア社はそういったタイプの旅客機を専門に製造する、代表的なメーカーです。